婦人

個別指導で成績がグングン伸びる【ニガテ克服はプロがサポート!】

進学にかかる費用

女子大学生

進学先を決める際には、気になる学科がある大学を探すだけでなくその学費にも注目してみると良いでしょう。大学では四年間の間に莫大な学費が必要になります。国公立大学の場合には四年間で四百万円前後かかりますが、私立大学になるとその倍以上の費用がかかるのも珍しくありません。また、実家から通学する際は交通費くらいが加算されることになるのですが、実家を離れて学生の一人暮らしをすると考えると大学進学にかかる費用は一千万円を超えることもあるのです。奨学金制度を利用することも視野に入れながら慎重に志望校を決定すると良いでしょう。大学のパンフレットを取り寄せるのも悪くありませんが、高校生や浪人生に向けた学校説明会に参加するのも悪くありません。

大学は教科書を購入する場合自費の負担となります。それ以外にも様々な出費が多くなるため、志望校を決定する際には事前に学費やその他出費を把握しておくことが大切です。国公立や私立それぞれ学費が異なりますが、免除制度などを適用することが可能な場合もあります。しかし免除制度は定められた基準に達している人のみ利用審査を受けることが出来るものです。高校の進路指導などに相談してみると良いでしょう。同じ大学であっても学部によって年間の学費に差があることも珍しくないため、大学のホームページや資料などを確認しましょう。学費を抑えたい場合には国公立大学が最適なのですが、競争率は私立大学の数倍に及ぶこともあります。受験対策を徹底して行なうと良いでしょう。